忍者ブログ
ホームページ内に設置 日記
08 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 . August
明後日から集中講義です、寺音です^^;
なんだか集中講義って始めてなので、上手く乗り切れるか不安です。(内容をもう一度確認したら思っていたのと違う講義だったというパプニングが)
小心者の寺音です^^;

さて、今回の『BRAVEs of Night』特別編「春の夜」。今日でいよいよ完結です^^
※この作品は本編のネタばれを含みます。本編を読んで下さっている方のみお読みくださいませ。

それでは続きからどうぞ。
そしてそれ以外の方は短いですがこの辺で。
上手くいけば日付が変わって数時間後に『NO NAME』がUPされているはずです^^;



やがて雨が止み、寝ていた青年が小さく呻いて、瞼を開く。長い睫を二三度しばたかせると、慌てて身を起こした。
「ご、ごめん!」
 大きな声に驚いたのか、犬の方も目を覚ましたようだった。身じろぎをして、立ち上がると身体を勢いよく揺らす。すると、毛に付着したままの水滴が宙に飛びちった。
「わ! ラッキーだめだよ、いきなりしちゃ。あの、大丈夫?」
「大丈夫。こっちまでは飛んできてないよ。それより……」
 春夜の目線を辿って、青年は自分が寄りかかったせいで、しっかり濡れてしまった春夜の服を見る。
「わわ! ごめんなさい! 最近あんまり寝れてなくて。その、今日も眠れそうにないから、この子と散歩にきてたんだ」
「そうだったんだ。……でも、こんな遅くまで。ご両親心配しないの?」
「いないから」
 春夜は、口を閉じる。すると、青年は少し慌てたように首を振った。
「いや、ちゃんといるんだ。だけど、遠くにいて」
 犬の頭を撫でながら、青年は口元を少しだけ上げる。笑みになりそこねたその一瞬の表情を春夜は見逃さなかった。
「隣に誰かがいるのが久しぶりで。なんか、安心しちゃって」
 リードを握り直すと、青年は立ち上がる。青年は春夜を振り返るとまた、ふわりと笑った。中性的な顔立ちだが、多分それは男女の違いが出る前の幼さを、どこか青年が感じさせるからであろう。そうして青年は春夜にむかって、こう言った。
 
「ありがとう、隣にいてくれて」
 
 雨が止んで、青年が言ったように空気が澄み、青年の背後では桜がその色を鮮やかにさせている。
「桜を見ながら、帰るよ」
 手を組んで上へとのばし、青年は大きく伸びをする。春夜も立ち上がると、椅子に立てかけていた傘を手にとった。春夜の心には、確かな変化が訪れていた。
「君は」
 最初は、この時だけの出会いでよいと思った。でも今は違う。彼のことをもう少し知りたい。もう少し、傍にいてみたい。彼となら、何か他の繋がり方が出来る気がする。
 学校でも春夜の作ったような微笑みは壁とみなされ、深い付き合いを求める人物はなかなかいなかった。期待と不安がない交ぜになる感情を、春夜は久しぶりに思い出していた。
「誰?」
 公園の休憩所から出た青年の髪が、雲が晴れて出てきたばかりの月の光に透けて輝く。
たれ目気味のゴールデンレトリーバーが、鼻をくすくすいわせながら青年の背後をついていく。
 
「僕は、秋だよ。一年三組、藍沢秋。……ひろ、せくんだよね。やっと思い出した」
 
 一年三組、春夜と同じクラスだ。
「春夜でいいよ」
「え?」
「じゃあ、また学校で会おう」
 手を振ると、春夜は、藍沢秋に背を向けて歩き出す。その後ろから秋が大きな声で叫んだ。
「え、あ……僕も秋でいい! 秋でいいよ!」
「じゃあ、秋。今日は、よく寝るんだよ」
「ううん、無理! 嬉しくて多分寝れない! じゃあね、春夜、また学校で!」
 春夜が後ろを振り向くと、秋は頬を高潮させ犬のリードを引っ張って駆け出したところだった。公園の前で二人は、互いに反対の方向へ向けて歩き出す。
 夜の桜が、また風に吹かれ、軽やかに舞い始めた。



--------------------------------------------------------------------------------------------------

ぁさぎさんのリクエストにお答えする形で連載がスタートしたこの小説。藍沢秋をつくった明潮さん自ら執筆していただきました^^ いかがだったでしょうか?
私自身も非常に楽しませていただきました。明潮さん本当にありがとうございましたm(__)m

二人の出会いが見れて幸せですw

さて、これでまたネタがなくなった^^;
 

拍手[1回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
つぶやき
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/02 透峰零]
[05/24 透峰 零]
[02/17 春椛]
[07/23 透峰 零]
[07/13 透峰 零]
最新TB
プロフィール
HN:
寺音
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]